タイミング打ち+油ゴト説明 その2 - ゴト師のやめ時 ~ノンフィクション~

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミング打ち+油ゴト説明 その2

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)

仕組みについては前回説明した通り。

次は攻略法ですが

まずはこの回転体の回る速さです

1周する間に打ち出せる玉数が4.5発となってます

1周4.5発

スペシャルルートは1/4で当たる


わかりますか?言いたいこと
4.5発連続で打ち

釘などを考慮しないで羽で全部拾い

全ての玉がスペシャルルートに行った場合

1箇所だけ0.5個プラスされて

1.5個となるんです


スペシャルルートに行った玉は

ほぼ手前に落ちてくるわけですから

手前にVゾーンが来るときに

スペシャルルートのクルーンから落ちてくる玉の

タイミングを合わせるわけです



じゃあ1.5発あわせるってどういうこと?

そう思いますよね

実際には釘で遊ぶことや

逆に釘で遊ばず突っ込んで来る玉が

ありますので2発づつ打つことになります


そう、ずっと回転体のVゾーンが

一定の位置に来たとき2発打ち

手を離す

一定の位置に来たとき2発打ち

手を離す


これを繰り返すことで

スペシャルルートに行った玉は高確率で当たります

大体60%くらいでしょうね


ただし台ごとにクルーンでの遊び時間が異なるため

打つタイミング自体が台によって異なります


さらに普通に打つ4.5発のうち

2.5発を打ってないのですから

打ち込みが半分くらいですみますよね


これで恐らく一日

1200回転 40回当たり(30分の1)の台が

550回転 25回当たり(22分の1)くらいになります


さらにまだあります

1周2発打ちのうち0.5発は当たらないのですが

この0.5発をなるべく当たるようにする方法が

あるんです!


クルーンに入った玉は一定時間で落ちてきます

しかし、クルーンに玉が到達した時点で

打ちっぱなしにすることで

回転体に玉が落ちる速度が若干早くなります

(回転体を時計に例えて約30分早く落ちる)

(実際の時間でいうと約0.1秒)

これは玉を打つバネのわずかな振動によるものです



これによって2発中 1.5発しか当たらないはずが

1.8発くらいまで当たるようになり

550回転 30回当たり(18分の1)になります


ほかにもタイミング打ちをする上で

要点はたくさんあるのですが

言葉だけで説明するのは無理なので省きます


この確率でプラスになるかマイナスになるかは

釘次第でしょうね

北海道は等価なので低めの釘調整だとして

仮に千円で10回開き

1回当たり平均出玉650発で計算すると

攻略なしで差玉が -4000発

攻略ありで差玉は +5750発


これだけでも効果はでかいですね

1日で約1万発も普通に打つのと差がでます



さらにここに油ゴトが加わるわけですが

それはまた次回!
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

パチンコはうたないのゴトについてもまったくちしきはありませんが
裏社会的なことが好きなのでおもしろすぎて過去の記事まで全部読んでしまいました笑
個人的にはブログのサブタイトルがものすごい気になります。

2014-05-02 00:08 │ from AotagallyURL

Re: タイトルなし

> パチンコはうたないのゴトについてもまったくちしきはありませんが
> 裏社会的なことが好きなのでおもしろすぎて過去の記事まで全部読んでしまいました笑
> 個人的にはブログのサブタイトルがものすごい気になります。

ありがとうございます!
今後は自分がやった攻略とゴトの概要の後に、経験した店員や警察とのやりとりを
「ノンフィクション」で書いていく予定になってます。
またよろしければ足を運んでください!

2014-05-02 00:17 │ from ゴト師URL

トラックバック

http://gotoshi123.blog.fc2.com/tb.php/31-d917925d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。