タイミング打ち+油ゴト説明 その1 - ゴト師のやめ時 ~ノンフィクション~

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミング打ち+油ゴト説明 その1

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)

まずは機種から説明します

羽モノの「新レレレにおまかせ」です

ただし後継機の「もっとレレレにおまかせ」

これには使えません


ではまず仕組みを紹介します


鳴きに玉が入り、羽が開いて玉を拾った場合

シーソーに玉が乗っかり

シーソーの動きによって

左のノーマルルートと

右のスペシャルルートに振り分けられます

レレレにおまかせ


ノーマルルートに行った玉は

レレレのおじさんの持つホウキに当たった場合のみ

回転体に外側から侵入します


回転体上から見た図
レレレ回転体



ノーマルルートでほうきに当たった場合

8つのうちの1つがVゾーンなので1/8で当たりですね


スペシャルルートに行った玉は

回転体の真上にあるクルーンでクルクル回って

回転体に真上から落ちますが

必ずほぼ手前に転がってきます




スペシャルルートに行った場合

回転体のVゾーンに入る確立は1/4です



釘と役物に特徴がない場合の当たる確率を

大雑把に計算しましょう


まずはノーマルルートでの当たる確率



羽が開いて玉を拾う確率 2/5 (釘で確率変化します)


 拾った玉が

 ノーマルに行く確率 4/5 (役物性能で変化します)


  ノーマルルートに来た玉が

  ホウキに当たる確立 1/3 (役物性能で変化します)


   ホウキに当たった玉が

   Vに入る確率 1/8


合計すると6/600で

100回開けば1回

400回開けば4回

ノーマルルートで当たります



次にスペシャルルートでの当たる確率


羽が開いて玉を拾う確率 2/5 (釘で確率変化します)


 拾った玉が

 スペシャルに行く確率 1/5 (役物性能で変化します)


  スペシャルルートに来た玉が

  Vに入る確率 1/4



合計すると2/100で

100回開けば2回

400回開けば8回

スペシャルルートで当たります



さらにこの「新レレレにおまかせ」には

直撃大当たりが搭載していて

鳴きに玉が入った時点で

1/400で15R直撃大当たりというのがあるので


全ての合算確率は

13/400となり

データカウンタの確率でいうと

約30分の1となります



普通にVに入って当たった場合の

平均出玉は690発(ラウンド振り分けも考慮してます)

直撃の場合は1400発となります

(釘で出玉は変化します)


なので12回当たりX690発=8280発

1回直撃当たりX1400発=1400発


合計 8280発+1400発=9680発


9680発=約3万9千円分


つまりこの台は400回転での出玉は39kなので

千円あたり10.33回開けばプラマイ0となるのです


これを基準に考えて

役物の性能さえわかっていれば

釘を見れるだけで大体のその台の

期待収支がわかってしまうのです


羽モノのプロはそうやって

稼いでいます




実際にはもっと簡単な計算式があるので

こんなめんどくさい計算はしません



この確率や出玉は実践時の基準になるもので

釘や役物の性能により変化し

この機種の全ての台がこの確率になるということはありません


次は攻略法を書こうと思います
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gotoshi123.blog.fc2.com/tb.php/30-39192e5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。