設定6の打ち子(サクラ) - ゴト師のやめ時 ~ノンフィクション~

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定6の打ち子(サクラ)

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)

打ち子とサクラの定義が人それぞれなので

自分の慣れた言い方で、今回は

「打ち子」を使わせてもらいます


きっかけはスロプロやってたときに

とあるパチプロ、スロプロの会に入り

その会のメンバーAさんから声がかかりました

「信用できる打ち子が少なくて

 あいてる日でいいから打ち子やってくれないか」



と切り出されて承諾しました



ここで大事なことがあって

「信用できる打ち子」

この選定が難しい

例えば

台の泥棒

このAさんと情報提供者のBさんがいたとする

打ち子3人いて全員が差枚1万枚の場合

売り上げが3万枚で60万円

打ち子代が一人3万円で総額9万円

旅費等で7万の費用がかかった場合

60-9-7=44万円

AとBで折半にしたらそれぞれに

1日で22万円


しかし金が絡むと信用問題ってのは難しくて

Aさん、又は打ち子が泥棒を使うことがありえる


例えば俺が誰にも内緒で打ち子3人連れてきて

メールで来る設定6の台番号を

自分の打ち子に送れば

利益44万円を総取りできるよね



他には口が堅いか



やはり金が絡んでくるので

ヤクザや同業者、もしかすると警察に

身柄を持っていかれる可能性もあるわけです


「知りません」で突き通せるかどうかです


もし身柄持って行かれて

全部白状するような人間を

連れていくことはできません


警察が相手ならまだいいですよ

知りませんで突き通せばいいんですから


相手がヤクザでさらわれたら

どうなるんでしょうね

何されるかわからないんで怖いですよね



話しを戻しまして



条件は

投資、旅費、食費はAさん持ち

出ても出なくても日当2万円

さらに差枚5千枚ごとに5千円

休憩は1日1回30分

台のラインナップは

大花火、獣王、不二子2、アラジン、一撃帝王、ハクション大魔王

この中から選んでいいとのこと




内容は

とある帯広市の

とあるライジングの

設定6の情報



情報源は聞いてないからわからない

朝メールでAさんに設定6の台番号が送られてくるらしい

その台番号を打ち子が並んで確保して1日ぶん回すだけ



全部で5回くらい参加したかな

打ち子は1回に3人くらいで

それぞれが話しをするのは厳禁

大体が1万枚超えるんで

日当平均3万円にはなったし

6ってわかってて打つんで

気が楽で楽しい



あとのほうになると

常連から打ち子だってことがバレバレで

並んでると

「お、打ち子君おはよう
 今日も設定6使うのかー」


なんて言われることもあったw


「打ち子じゃないですよ、簡便してくださいよー」

なんて誤魔化してたけどね


このときの打ち子はたぶんこちら側が泥棒だったと思います

理由は設定6情報を知ってる敵(ライバル)がいたこと

その敵に対してAさんが無関心だったこと


相手が泥棒なら怒るところなんですよね

疑いの目が誰にもいかない時点で

こちらが泥棒ですねw


そんな感じで自分が5回くらい参加したとこで

終了してしまいました

どこで設定情報がダメになったかはわかりませんが・・・


次は上のほうで書いてる

プチプロ、スロプロの会について書こうと思います
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へbanner (4)
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gotoshi123.blog.fc2.com/tb.php/24-6104e015

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。